好きな空間で生活を【嫉妬されるほど素敵なリフォーム】

リフォームと水廻り

浴室も洗面室も一緒に

築15年以上も経過すると、しっかり手入れをしていても浴室は傷んできます。浴室は、住まいの中でも一番温度差が激しい場所ですし、湿気もよくこもる場所なので仕方ありません。ですから、それ位の時期になると浴室のリフォームをする人が増えます。 多くの家庭では、浴室と洗面室が隣り合っているはずです。浴室をリフォームするなら、洗面室も一緒にリフォームするのが基本になります。 浴室のリフォームは設備機器の交換だけではありません。解体や内装工事、給排水をつないだりガスや電気の工事も絡んできます。ですから、今回は浴室だけをリフォームして、洗面室はまた今度と言う風に分けるよりも、まとめて工事をした方が無駄がありません。

ガラスを使って空間を広げる

浴室と洗面室を同時にリフォームするなら、できる限り明るく広々とした空間にしたいものです。しかし、そのためには増築や間取り変更をしなくてはいけないと思っている人は多いです。それでは、大がかりな工事が必要になり、工事費用も高額になってしまいます。 ですが、ガラスの間仕切りにすれば増築や間取りを変更しなくても、明るく広々とした空間をつくることが可能です。浴室のドアもガラスにすれば、さらに広がりを感じます。使うガラスは万が一割れた時のことを考えて、強化ガラスや合わせガラスにしましょう。ケガの心配が少ないです。この方法なら、増築や間取りの変更をするよりも、はるかに安い工事費でリフォームすることができます。